第3回:ドコモのwithでiphone6Sに機種変更お役立ち情報

2019/03/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
休日にスマホライフやネットライフを楽しんでいるサラリーマンです。こちらのブログを通じて、スマホのお得情報やネットに関するお役立ち情報を発信します。

こんにちは、リノサマです。

ドコモのスマートフォンを少しでも安く使いたいというのは、ドコモユーザーであれば誰もが願っていると思います。また、ドコモでiphoneを使うことはステイタスでもあるでしょう。

2018年9月から株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)が提供している「docomo with」の対象端末にiphone6Sが追加されます。

今までガラケーを利用しており、そろそろスマートフォンに切り替えようと検討されている方には、朗報になるでしょう。

そこで、「docomo with」の料金プランやiphone6sの機能、性能、端末価格などの気になる点を記事にしてみました。

*はじめに

iphoneは、オペレーションシステム(ios)のアップデートをアップルが定期的に行うことや長期にわたってサポートがあることから、セキュリティの信頼性が高く、同じ端末を長期間利用しているiphoneユーザーも多いと思います。

しかし、ドコモでは端末代金を割り引く「月々サポート」は24か月で終了することから、3年目以降は割引がなくなるため、iphoneを2年以上の長期間利用するユーザーは基本料金がアップします。

*docomo with の料金プランは

こちらの料金プランを契約するとずっと毎月1500円をドコモと契約している期間、月々の基本料金から割引が受けられるサービスです。この料金プラン、「docomo with」は、2017年6月からサービスを提供をされましたが、ドコモの報道発表によれば、2018年5月1日、時点で契約数が200万を超えたそうです。約1年で200万ですから、すごいことです。

今までは、Android端末のみが対象だったため、iphoneユーザーはappleストアで端末だけ購入して端末を取り換える、しかなかったので、端末代金が無駄になっていましたから、iphoneユーザーには朗報ではないでしょうか。

「docomo with」を2年以上、契約する場合は、毎月1500円引きが継続されますので、端末を長く使う方には料金的にメリットが大きいお得なプランといえます。また、iphone6sの端末料金は他社から乗り換え、新規、機種変更のいずれも一括価格が39600円(税抜)で購入できます。

ただし、「docomo with」を適用した場合は、端末購入補助「月々サポート」が対象となりませんので、ご注意ください。

*iphone6sの機能・性能は

では、機能や性能はどうでしょう。せっかく、購入するのに性能に格差があると、あとで後悔することになってしまいます。そこで、2年前に販売されたiphone7と機能や性能を比較して見ました。

性能が同じもの:4.7インチディスプレイ、12MPカメラ

性能が違うもの:CPU(iphone7:A10 Fusionチップ、iphone6s:A9チップ)

iphone7にあって、iphone6sに無いもの:耐水性能と防塵性能、内臓スピーカーがモノラル

iphone6sにあって、iphone7に無いもの:3.5 mmヘッドフォンジャック

カラーは、ローズゴールド、ゴールド、シルバー、スペースグレイの4種類から選べます。

*気になるお得感は

ドコモの料金プランと機能や性能を比較して見てきましたので、考察してみたいと思います。

料金プランは、「docomo with」にすると先ほども少し触れましたが、毎月1500円引きになりますので、長期間、同じ端末を使い続けている方は大きなメリットになります。逆に、毎年、新型iphoneに買い替える方は、無駄になるかもしれません。その辺は、ご自分がどっちのタイプか判断して決める必要があります。

次に、機能や性能ですが、新しい型番の方が性能が優れているので、性能にこだわる方にはメリットがないように思えます。しかし、iphone7と比較しても機能的には遜色ありません。iphone7から廃止された、ヘッドフォンジャックがiphone6sにはありますので、ケーブル付のヘッドホンにこだわっている方は、メリットとなります。

ケースを考えるとiphone7や8とほぼ同じサイズなので、市場に出回っている種類が豊富で、気に入ったデザインを選べるメリットがあります。このケースのサイズは、結構、大きな問題です。若い人たちは、どちらかというと格好よさや可愛らしさでケースを選びますので、性能や機能よりもケースに入る機種を選ぶ傾向にあります。

ケースが古くなっても(1年くらい使用していると結構、ボロボロになります)iphone7や8とほぼ同じサイズですから、長期間は、なくならないというメリットもあります。

デメリットは、iPhone 6sは、発売から3年が経過しており、OSのサポート期間も含めて、長期間、使えるかどうかという不安はあります。

*まとめ

例えば、料金プランをシンプル(ほとんど通話しない方などのプラン)にしてパケットシュアオプションの子回線として利用できれば、月々280円(税抜)で利用できるので、月々の支払いにもメリットがあります。

iphone 6Sは3年前の少し古い機種ですが、機能はiphone 7とほぼ同じと考えてもいいと思います。ドコモが「docomo with」にiphone 6Sを追加したことは、ドコモユーザー、iphoneユーザーにとっては、料金プランの選択肢が広がったのではないでしょうか。

Follow me!

この記事を書いている人 - WRITER -
休日にスマホライフやネットライフを楽しんでいるサラリーマンです。こちらのブログを通じて、スマホのお得情報やネットに関するお役立ち情報を発信します。

コメントを残す

Copyright© リノサマ気分deブログ , 2018 All Rights Reserved.