ダッフィーには、ピンクやパープルなどカラフルな子がいた

2020/08/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
休日にスマホライフやネットライフを楽しんでいるサラリーマンです。こちらのブログを通じて、スマホのお得情報やネットに関するお役立ち情報を発信します。

こんにちは、リノサマです。

東京ディズニー・シーの人気キャラクターダッフィーには、ピンクやパープルなどカラフルなぬいぐるみがいることをご存知でしょうか。

東京ディズニー・シーで販売されているダッフィーのぬいぐるみは、巻き毛の茶色のみです。

海の向こうアメリカでは、ピンクやパープルなどカラフルなダッフィーのぬいぐるみが販売された時期がありました。すでに10数年前、ぬいぐるみは、販売が終了しており、アメリカでもカラーのダッフィーを入手困難となっています。

はじめに

カラーのダッフィーは、2002年頃から2006年頃にかけて、フロリダにあるウオルトディズニーワールドやロサンゼルスのディズニーランドのパーク内で販売されていました。

当時は、ダッフィーという名称ではなくディズニーベアやミッキーベアと呼ばれていました。

日本でダッフィー人気が爆発

日本では、ダッフィーが2005年頃から徐々に人気となり始めて、2008年にはフィーバー状態となりました。

このころは、パークでも、ぬいぐるみやコスチュームなど関連グッズがなかなか手に入らず、販売されるとすぐに完売するため、プレミア価格がつくようになりオークションで高値で取引されていました。

東京ディズニー・シーやランドのパーク内ではダッフィーのぬいぐるみを抱えているゲストを大勢見かけました。

日本ではダッフィーは茶色のみで、ピンクやブルーなどカラーのぬいぐるみは残念ながら、発売されませんでした。その代わり、ピンクのシェリーメイが登場しました。

初めて見たパープルのダッフィー

東京ディズニー・シーでは、2005年頃からダッフィーを抱えて、インパするゲストが増えてきました。その中に、パープルに染まったダッフィーを持ったゲストを偶然見ました。

当初は、茶色のぬいぐるみを自分でパープルに染めたのかな、と思っていましたが、ぬいぐるみ専門のネットショップを検索したところ、ピンクがいました。

商品の説明では、アメリカから輸入したダッフィーだということが分かりました。

どんなカラーのダッフィーがいるの

カラーダッフィーは、私が知っている限りでは12種類のぬいぐるみが販売されたようです。

いちばん人気があったのは、ピンクでした。フロリダのディズニーパークでは$25で販売されていたぬいぐるみが、ネット通販やオークションでは、ピーク時に約20万円前後で取引されていました。

次は、ブルーだったと思います。日本にはあまり、入荷しなかったため、状態の良いぬいぐるみは少なく、希少でした。

パープルやミントは比較的に数も出回ったこともあり、ピンクやレッド(バレンタインベア)に比べると比較的に入手しやすかったと思います。

カラーダッフィーの価格は、日本のダッフィーと同じく約3,000円くらい$22から$28程度で販売されていました。

これら、カラーダッフィーは、希少だったこともあり、オークションでは、10万円から30万円で取引されていたこともありました。

入手方法は

カラーダッフィーはアメリカでしか販売されなかったことから、アメリカ人のコレクターがオークションに出品するものを購入するか、日本のネットショップで購入するかのどちらかでした。

2008年頃は、アメリカ人が出品するebayなどのオークションで、日本人のバイヤーが高値で落札することから、$25だったぬいぐるみが$1000以上で取引されていました。

もし、カラーダッフィーを入手したい方は、オークションや専門のネットショップで入手するしかないと思います。

オークションで入手できそうなのは、日本ではヤフーオークション、海外ではebayに出品されていたのを確認しました。カラーダッフィーやdisney bearというキーワードで検索するとヒットすると思います。

価格はヤフーオークションですとピンクで10万円程度です、ebayでは800ドル程度が相場になっています。

2008年頃は、20万円~30万円で落札されていましたので、そのころに比べると安価になったと思います。

個人が所有しているコレクションが、オークションなどに出品されます。しかし、ほとんどのぬいぐるみが中古品になります。新品と同様な状態の良いぬいぐるみもいるかもしれませんが、ダッフィーコレクターは簡単に手放すことはないと思います。

偽物ダッフィーに注意

高額で売買されていることから、偽物のぬいぐるみがたくさん出回っています。ご購入時はご注意ください。

保管状況がよく、販売時に付属していたプライスタグやブック付きの中古品しかないと思います。

本物と偽物の見分け方は、webサイトを検索するといくつかヒットすると思いますのでそちらでチェックしてみてください。

簡単な見分け方ですが、ぬいぐるみのお顔をよく見ると本物はとてもかわいいのに比べて、偽物はお顔がとんがったり、キツネ顔だったりしますので正直、かわいくありません、写真である程度は判断できると思います。

価格が1万円程度で販売されているぬいぐるみは怪しいと思います。

まとめ

ダッフィー人気は少し落ち着きましたが、まだまだ、コレクターの間ではカラーダッフィーの取引が盛んにおこなわれているようです。カラーダッフィーの再販予定はなく、ますます、入手困難となることが予想されますので気になっている方は、早めに購入されることをお勧めします。

Follow me!

この記事を書いている人 - WRITER -
休日にスマホライフやネットライフを楽しんでいるサラリーマンです。こちらのブログを通じて、スマホのお得情報やネットに関するお役立ち情報を発信します。

コメントを残す

Copyright© リノサマ気分deブログ , 2018 All Rights Reserved.

PAGE TOP